キッチン用品

ストウブとル・クルーゼ比較違いは?おすすめはどっち?

更新日:

オシャレなホーロー鍋と言えば、まず真っ先に思いつくのはストウブとル・クルーゼではないでしょうか?カラフルでその形も可愛く、持っているだけでテンションがあがりますよね〜。これから購入を検討しているという場合、ストウブとル・クルーゼではどちらの方が丈夫で長持ちなの?どちらの方が上手にお料理できる?など、迷ってしまうのではないでしょうか?そこで今回はストウブとル・クルーゼの鍋について、徹底比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

ストウブとル・クルーゼどちらが丈夫なの?

鍋として使う以上、丈夫さというのは大事なポイントですよね。ストウブとル・クルーゼの違いはどういった部分なのでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルクルーゼ 両手鍋 シグニチャー 24cm 240mm ココットロンド 耐熱 鍋...
価格:23899円(税込、送料無料) (2017/10/9時点)

ストウブとル・クルーゼの耐久性について

ストウブとル・クルーゼどちらも鉄製の鍋にホーローを焼き付けてコーティングがされている構造になっています。ただこのホーローの層が異なり、ストウブは3層構造、ル・クルーゼは2層構造になっています。この違いがどういう違いに繋がるかというと「温度差に対する耐久性」に関わってくるのです。上記の理由から、ストウブと比べてル・クルーゼは温度差に弱いので、加熱の際にホーローにひびが入ってしまう事があるのですね。実際、鍋底のホーローが割れてしまったという方の話を結構聞きますよね。

焦げ付きについてはどうなの?

鍋で料理をする上で気になる点の1つは「焦げ付き」だと思います。ただでさえ重くて洗うのも大変なのに、焦げ付いちゃうとコゲを落とすのも手間がかかりますし大変ですもんね><;まずは使い方を気をつけるのは基本として(具材を炒める時は油をなじませる、いきなり高温にしない、など。)ストウブとル・クルーゼどちらが焦げ付きにくいのでしょうか?
ストウブとル・クルーゼでは、お持ちの方はおわかりのようにお鍋の内側が異なっています。
ストウブは内側がマットエマイユ加工というザラザラ加工になっています。


一方、ル・クルーゼはつるつるのホーロー加工です。

ストウブはこの加工のおかげで素材と鍋の接地面積が少なくなり、焦げ付きにくい加工になっているんですね。一方ル・クルーゼはつるつるなので、こびりついた場合は剥がしやすい面もありますが、どうしても焦げ付きやすくなります。その場合、内部がくすんだり変色しやすくなってしまうという欠点があります。

ストウブとル・クルーゼでお料理する上での違いは?

密閉性についてはどうなの?

ストウブとル・クルーゼ両者の密閉性の違いについては、ここが一番大きな違いかもしれませんね。ストウブは密閉性が高い為、無水調理を作ることができますが、ル・クルーゼのふたは乗せているだけのものなので、密閉性の面ではバツ!で無水料理はできないんですね〜><;無水料理は水分を加えない事で素材の味が凝縮し、素材の味を引き出すので、普段の食材を使っても、子供にもその違いがわかるほど美味しいお料理を作ることができますよ〜♪
密閉性が高くもちろん保温性も高いので、じっくり素材に味がしみ込み、煮込み料理も美味しくできます。実際、プロの料理人の方はストウブを使用されている方が多いようですよ。

ストウブの無水料理の本はたくさん出ています。
こちらはストウブ愛用者ならぜひ持っておきたい1冊ですね♪

実際に、購入を検討ていたのでいろいろ調べてみましたが、ストウブとル・クルーゼでは、割れにくいことと、無水料理ができる面でストウブの勝利かな、という印象でした。これから冬に向けて、煮込み料理に大活躍ですね^^

sponsored link




sponsored links

-キッチン用品
-,

Copyright© おしゃれで人気で可愛いものが好き♪ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.