匂い・ニオイ・香り

洗っても足の臭いのはなぜ?足のにおいの原因とは?

更新日:

足の臭いに悩む人は多いですよね。足の匂いが気になると人前で靴を脱ぐ時に困ってしまいます。綺麗に洗っても足のにおいが消えないのはなぜ?スプレーなどのにおい対策をしても足が匂う原因は?今回は足の臭いの原因についてみていきます。

スポンサーリンク

 

足の臭いが臭くなる理由とは?

そもそもどうして

足の臭いって臭くなってしまうのでしょうか?

 

足は多量の汗をかくから

足の裏にはたくさんの「汗腺」があります。

足底の汗腺は、

2種類ある汗腺の中でも、エクリン腺だけなので、

いわゆるわきがの原因となるアポクリン腺はありません。

 

エクリン腺しかないので、

もともと足の裏の汗はほぼ無臭。

 

ただ、汗腺の数が多いために、

自分でも気がつかないうちに、多量の汗をかいているんですよね。

1日でコップ1杯の汗をかく、なんて

聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

汗の量が多いと、湿度が上がるので、

蒸れる原因になってしまいます。

 

 

 

足の裏は体の他の部位の皮膚の中でも厚い

足の裏は、

常に物理的な刺激を受ける場所ですから、

それを守るように、

足の裏の皮膚は分厚くなっています。

 

そして皮膚の一番外側の角質層が厚いのです。

 

人間の肌には常在菌がいるので、

ここに足が蒸れる原因などがあると

その常在菌が繁殖し、

臭いの原因になってしまうのですね。

 

 

 

臭い足は白癬(水虫)が原因のことも

上記に書いたように、

足は角質層が厚くなっているのですが、

いわゆる水虫菌(白癬)は

人間の皮膚の角質を栄養にしているので、

 

なんらかの原因で感染した場合、

足の皮膚の角質層の奥深くや爪で

どんどん増殖してしまい、

これが臭いの原因になっている場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

足の爪の裏にアカ(垢)が溜まっている

足のケアを丹念に行なっている女性の方でも、

ペディキュアやネイルアートなどをして、

爪を長く伸ばしていると、

知らず知らずのうちに、

爪の裏に垢が溜まってしまいがちになります。

 

 

垢は皮膚の角質層が脱落したもので、

爪の下に位置する皮膚の角質層が

爪の裏でこっそり蓄積してしまうんですね。

 

 

そうするとそのアカは

雑菌が増殖する原因になってしまうのです。

 

 

 

 

靴や靴下に雑菌が繁殖している、臭いがついている場合

足自体でなく、

いつも履いている靴や靴下に、

においの原因がある場合も多数あります。

 

 

靴下は毎日洗濯していても

雑菌は殺菌・除菌しないと死なないので、

その場に居座り続けて、

湿気や湿度、温度でまた繁殖し、

臭いを放つ原因になってしまうのです。

 

 

靴に関しては、

スニーカーならまだ洗う事ができますが、

革靴やパンプスなど、大人の履く靴って

洗えない場合が多いですもんね。

 

 

 

 

実際、

靴のにおい対策をしたら、

足の臭いも消えてなくなった!という方もおられます。

 

ちなみにそんな口コミが書かれていた、

靴の消臭にとても効果のある靴の消臭剤はこちらです。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓

メール便のみ送料無料 Gran's Remedy グランズレメディ 50g オリ...

sponsored link




sponsored links

-匂い・ニオイ・香り
-,

Copyright© おしゃれで人気で可愛いものが好き♪ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.